観光スポット

バリ島で沐浴&スピリチュアル体験!ウブドのティルタウンプル寺院

「神々の島」と呼ばれるバリ島で、スピリチュアルな体験をしてみませんか?

現地の人々に混ざって行う沐浴は、日本では味わえない神秘的な体験になると思うので、是非挑戦してみましょう!

今回は、ウブドの有名観光スポットでもある、ティルタウンプル寺院 の沐浴体験と、お祈りの方法などをご紹介致します。

バリ島や離島のことは、バリの達人までお気軽にお問い合わせ下さい。
旅行の計画をお手伝いします!
Eメール:info@balinotatsujin.com
インスタグラム:balinotatsujin
目次
  1. 沐浴に関する基本情報
  2. ティルタウンプル寺院ってどんな所?
  3. バリ島の寺院を訪れる際のマナーについて
  4. 鍵付きのロッカーや更衣室の使い方
  5. 沐浴(お祈り)のやり方

沐浴に関する基本情報

そもそも、沐浴(もくよく)って何かご存知ですか??

沐浴とは、身体を水で洗い、清めることを言います。

バリ島では、ムルカット(melukat)と言われています。

バリヒンドゥー教を信仰するバリ島では、現地の人々が沐浴をする習慣があります。

満月の日や、自分の身体や周りに、良からぬことが起きている時などに行うことが多いです。

バリ島で神秘的な体験をしたい方にはもちろん、普段の生活で嫌なことがあったり、新生活が始まる人、何となくお清めしたいな〜という方も必見です!

なお、満月のシーズンや新年を迎えるタイミングはとても混雑するので、沐浴にも時間がかかることがあるのでご注意ください。

ガイドブックにも絶対載っている、有名なティルタウンプル寺院

ティルタウンプル寺院 は、ウブド観光で必ず立ち寄りたい人気のお寺です。

現地の人々や外国からのゲストで、いつも賑わっています。

参拝用のサロン(腰巻き)と、沐浴用のサロンをそれぞれ貸し出しているので、手ぶらで行けるのも嬉しいですよね!

まずは入場料の 50,000ルピア(約400円) を支払い、お寺の中へと進みます。

お庭には、大きな石像が。

更に、パワースポットとも呼ばれている大木と、現地の人がお祈りする場所が出てきます。

バリ島のお寺を訪れる際の、マナーについて

お寺の割れ門が見えてきたら、その手前で サロン(腰巻き) を着用しましょう!

バリ島のお寺を訪れる際のマナーについても、事前に知っておいて下さい🙏

服装について

お寺などの神聖な場所では、サロンと呼ばれる腰巻きが、男女共に着用必須となります。 足を露出することは避けましょう。

髪の毛について

女性は、髪を結ぶことが必須とされています。 まとめられるように、髪の毛のゴムを持っていくようにしましょう。
ティルタウンプル寺院では、臨時用のゴムがありますが、輪ゴムです。(笑)

 

サロンは無料で貸し出しをしていますし、スタッフが着用を手伝ってくれるので安心です。

男女兼用で、色んなカラーがあるので自分の好みのものを選んでみてください。

もちろん、持参したサロンを着用してもOK!

ティルタウンプル寺院の中には、鯉が泳ぐ池や、聖水が湧き出ている場所もあるので、沐浴の前に見に行ってみましょう!

貴重品などをロッカーに預け、沐浴の準備を

割れ門の中に入ると、中央に沐浴場があり、右奥に大きな木が見えてきます。 この木も、パワースポットと言われている神聖な木です🌳

その近くに、更衣室やロッカーがあり、沐浴専用のサロンもここで貸し出しています。

緑色のサロンが沐浴用のサロンとなり、これは有料(数百円)となります。

サロンを借りる予定の人は、水着を中に着ることをオススメします!

沐浴のために水の中に入ると、サロンは上に浮かんでくるので、大事な所が丸見え・・・なんてことがあります。

サロンの生地も薄いので、1枚で着るのは少し不安です。

大胆な西洋人も多いので、周りは案外気にしていませんが、気になる方は水着や濡れてもいい洋服を中に着ましょう!

自前の伝統衣装「クバヤ」や、サロンをお持ちであれば、お寺でレンタルする必要はありません。

沐浴のマナーについて

バリ島の文化に触れ、浄化をする為に行う沐浴。

マナーをしっかり守って、神様にも現地の人々にも失礼のないように沐浴をしましょう!

そして、せっかく浄化をするなら、お祈りも正しく行いたいですね。

素敵な沐浴の時間を過ごすためにも、参考にしてください!

沐浴(お祈り)のやり方

ティルタウンプル寺院の沐浴場は、24時間絶え間無く聖水が湧き出ていると言われています。

この聖水を浴びると、無病息災の効果があると言われていて、バリ島各地の遠方からも沐浴をしに現地の人々が訪れます。

沐浴は、左端の吹き出し口から10番目まで、1ヶ所ずつ浴びます。

11番目以降は、近親者が亡くなった方が浴びる所になります。

10番目まで浴びたら右側の沐浴場に移動し、左端から3番目まで浴びます。

沐浴の(お祈り)の方法

① 吹き出しの前に立ったら、まずは バリ島の神様へご挨拶 をします。

顔(おでこ)の前で手を合わせ、ご挨拶。 これは、最初の1ヶ所目だけに行います。

② 次に、身体(外側)を清めます。

水をすくい、顔や頭に3回かけて浄化させます。

③ 身体が浄化されて綺麗になった所で、お祈り(お願いごと) をします。

顔(おでこ)の前で手を合わせ、自分の願い事や決意表明など、何でも好きなことを祈りましょう。

神様には、日本語でのお祈りで大丈夫です! また、各箇所ごとに、違ったお祈り(お願いごと)をしても問題ありません。

④ お祈りが終わったら、聖水を頭から 浴びます。

身体(内側)の浄化をします。

聖水を手ですくい、3回口元に付けます。

本来は、少量を飲むのが正しいとされていますが、口元を濡らす程度でも大丈夫です。

人によっては水で体調を崩したり、発疹が体に現れる人もいるので、不安な人は口元を濡らすだけにしておくのが安心です。

⑥ 最後に、もう一度顔の前で合唱し、感謝の気持ちを込めてお礼 をします。

 

全ての吹き出し口で浴びると、1時間程かかってしまうので、時間を短縮したい方は、右側の3ヶ所で浴びましょう。

Tirta Empul と書かれた、最後の吹き出し口から出る聖水が、最もパワーがあると言われています。

沐浴で身体を浄化をした後は、すっきりとした気持ちになります!

また、お祈りの方法は、多少間違っていても大丈夫! 周りの方の真似をしたり、ドライバーが居る場合は、やり方を聞きながら試してみて下さい。

沐浴の後は、更衣室で着替えましょう。

もっと穴場の場所で沐浴体験をしてみたい方は、スバトゥの滝 もオススメです。
ティルタウンプル寺院から更に北上した所にあります。
自力で行くのは少々難しいので、車チャーターなどをして、現地のローカルガイドと一緒に行くのが安心だと思います。
車チャーターのお手配についても、お気軽にご相談ください。

***

沐浴体験について、いかがでしたでしょうか?

遊ぶ所やお洒落な場所が沢山あるバリ島ですが、神々の島と呼ばれる場所に来たなら、神秘的な体験をするのもオススメだと思います。

ウブドでの観光コースの1つとして、是非沐浴に挑戦してみましょう!

素敵な浄化の時間が過ごせますように・・・