バリ島基本情報

バリ島旅行中、万が一の病気や怪我に対応【日本の保険が使える病院】

バリ島旅行に来る際、事前に色々と準備をすると思いますが、1番大事なのは 健康で元気な身体 です!

出発までに体調管理はバッチリ整えて欲しい所ですが、日本との寒暖の差や、慣れない食事などで、どうしても体調を崩してしまう人が居ます。

また、旅行中に怪我をしてしまった・・・ など、万が一の時の為に知っておくと便利な、【バリ島内の病院】についてまとめましたので、是非参考にして下さい。

バリ島旅行中の万が一の時でも安心な、日本の健康保険 (国民健康保険) が適用 となる病院を、3つご紹介致します。

中には、日本語対応してくれる病院もあるので、言葉が心配な方もご安心下さい。

バリの達人サービスをご利用頂いた方には、現地で万が一何かあった時も、出来る限りのサポートを致します。
また、バリ島情報を毎日UPしていますので、インスタも要チェック → バリの達人

バリ島内で、日本の健康保険が使える3つの病院。万が一の病気や怪我に対応

万が一、バリ島旅行中に体調を崩したり、怪我をしてしまった場合、病院に行くのに色々な不安があると思います。

言葉の問題・医療の問題・料金など。

旅行会社などを利用している方は、まずは旅行会社の担当者に相談しましょう。

今回ご紹介する3つの病院では、一旦医療費を支払いますが、帰国後に書類を提出すれば健康保険が適用され、お金が戻って来るそうです。

海外旅行保険に加入している場合は、保険会社に相談しましょう。

ご加入の保険内容によって、負担額や適用条件などが変わるので、心配な人は事前にご確認下さい。
また、2019年7月現在の情報なので、今後変わる場合もありますのでご了承下さい。

<バリ島内で私がおすすめする病院の特徴>

  • 日本の健康保険 (国民健康保険) が使える
  • 最新医療が取り入れられている
  • 日本人の在住者や旅行者が多く利用している
  • 現在 又は 以前に日本人スタッフが常駐

下記でご紹介する3つの病院は、私も実際に利用したことがありますが、綺麗で診察も丁寧だったのでオススメだと思います。

☟ 各病院名をクリックすると、Google Mapから詳細が確認出来ます。

1.ビーアイエムシー (BIMC)

クタとヌサドゥア地区にある大型の病院で、日本語対応が可能です。 問診票などは、日本語での記載があるので、言葉の心配がある人も安心です。

2.シロアム病院 (Siloam Hospital)

クタ地区のサンセットロード沿いにある大型の病院で、最新医療を取り入れています。 デング熱になった時、私はこの病院に入院しました。

3.たけのこ診療所 (Takenoko Clinic)

クタ地区のサンセットロード沿いにある小さな診療所ですが、風邪や体調の悪い時は点滴をしてくれたり、薬を処方してくれます。 産婦人科系の対応もしていて、日本語対応可能です。

***

上記以外にも病院は沢山ありますが、日本人旅行者に安心な病院は、上記の3つだと思います。

体調に異変を感じた時は、無理をせずに周りに助けを求め、早めに病院に行かれることをオススメ致します。

バリ島旅行中に気を付けたい病気と予防法

<病気1.風邪>

日本との寒暖の差や、飛行機内の冷房や乾燥、旅行の疲れなどから、バリ島滞在中に風邪をひいてしまう人が居ます。

バリ島内は、季節によっては朝晩が肌寒かったり、レストランやショッピングモールの店内や移動の車中などは冷房が効いていますので、薄手の羽織ものなどを1枚用意しておくと良いかもしれません。

また、普段から飲んでいる常備薬なども持参すると安心です。

<病気2.食中毒 (バリ腹)>

食べ慣れていない辛い食事や、不衛生な屋台の食事などが原因で、下痢をしたり食中毒を起こす人が居ます。

中でも バリ腹 と呼ばれる病気は、腹痛・下痢・吐き気に見舞われ、大変苦しいです。

インドネシア料理は、全てが辛い味付けではありませんが、苦手な人は注文の際に確認するか、「No Sambal🌶 (ノーサンバル)」と事前にお店の人に伝えましょう。

また、お腹が弱い人には、屋台での食事などはオススメ致しません。 大衆食堂やレストランでの食事を楽しみましょう。

<病気3.熱中症>

バリ島の紫外線は、日本の約5倍 と言われています。 日焼けや熱中症対策は念入りにお願いします。

新鮮な若いココナッツジュースやスイカジュースには、身体を冷やす効果があるので、積極的に飲むと良いでしょう🍉

<病気4.デング熱>

これは、デングのウイルスを持った蚊に刺されることで引き起こす感染症で、バリ島でも雨が多い時期に流行ることがあります。

主な症状は、身体のダルさ・寒気・関節の痛み・目の奥の痛み・発熱・吐き気など。

デング熱の予防の為にも、蚊に刺されに注意しましょう。

虫よけスプレーなどはバリ島でも買えますが、日本から事前に用意しておくことをオススメします。

 

ちなみに・・・

私は1度デング熱に感染した事がありますが、熱が出てから3日後の血液検査でウイルスが見つかり、1週間入院しました。

デング熱で高熱が出ても、すぐに血液検査の数値が出ないので、初めは風邪と診断されることが多んですが、入院前の耐えてる数日がめちゃくちゃ辛かったです😢

<病気5.狂犬病>

狂犬病のウイルスを持っている野犬や猿に噛まれる事で発症する病気ですが、バリ島内で感染の話は滅多に聞きません。

ただし、犬や猿に噛まれた場合は、念のための病院に行かれることをオススメ致します。

バリ島には沢山の犬が放し飼いにされていますが、安易に近づいたり触ったりしないようにしましょう。

上記以外の病気になってしまう事もあると思いますが、体調が何か変だな?と思ったら、無理をせずに病院に行きましょう。

また、サーファーやバイクを運転する人も、事故や怪我には充分に気を付けましょう。

― 上記は、2019年7月現在の情報です ―